読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なごやにヤコバ 

おたくの感想

BOYS AND MEN 田村BDイベントに行ってきた

おたく

一昨日、10月13日に私が応援している名古屋のエンターティメント集団(まぁほぼアイドルやな)BOYS AND MENの、テーマカラーは青色
通称タムタム田村侑久さんのBDイベントin Zepp NAGOYAに行ってきた。

f:id:teathhgg:20151015173818j:plain f:id:teathhgg:20151015173732j:plain 

午前中は用事があったためそれが終わり次第新幹線に駆け込み名古屋へ飛んで行ったのだが、もう本当によかった。
強行スケジュールすぎてその時の幸せだった時の記憶が薄れてしまいそうなので備忘録として私が文字書くおたくのステータス的なものだと思っているはてなブログにわざわざ登録してここに残しておこうと思う。
と、いってもライブのMCとかなんか諸々はいろんな方が細かく挙げられているからわたしはざっくりと。というか、奇声発したり泣いたり忙しすぎてレポとる余裕なかった!
整理番号二桁を握りしめて、初のZeppに入っていったが、

本当に「幸せの最大公約数」だった。

 


開始から「stand up」という、同グループのメンバー田中俊介さんとのユニット「NO IDEA」による曲を披露してくれたのだが、これがまたまた本当にレアみあるやつで、私はそのイントロがかかった時点で奇声を発して十字を切った。

たむさん(田村侑久さんのことをどうしても私はこう呼んでしまう)と田中さんのアシンメトリー的な?ダンスといい、すごい切なげなラブソングとも捉えられる歌詞で二人の憂いを帯びた感じの表情がたまらなく好きで、二人の後ろにバックで三人踊るのだがその後ろで踊るメンバーも格好よくて・・・控えめに申し上げても最・高・・・。
次~にMCがあって、早々のサプライズでケーキをメンバーが持ってきてたむさんとの思い出を語りつつ一曲バースデーソング「幸せの種」を歌って、衣装替えも兼ねてBOYS AND MEN 研究生にバトンタッチか~と思いきや
研究生内の派生ユニットBabyz(4人)が「SING-ALONG」という激シャブソングを歌い、これがまたすごくよかった~~昭和歌謡っぽいメロディたまらんね~間奏で(たしか)トランペット弾ける野々田君がエアトランペットしてたの可愛かった・・・そしてそれが歌い終わり、
あとの2人の研究生が加わり研究生のデビューシングル「Boys Be Brave~一万回の勇気~(※以下”BBB”略)」のイントロが流れたのでおお~2曲目や~と思ったら真ん中からたむさん登場でうおおおおおおおお~~~~~~~~~~(雄たけび)
その研究生の「BBB」ダンスがキラッキラで以前から好きだったのですがそれを踊るたむさんが。。。。キラキラだょ。。。。。衣装もキラキラやったし。。。。。研究生とわちゃわちゃ踊っていたのが田村幼稚園、って感じで入園不可避。
そんでまたMCつつ全員で一曲、そしてステージが暗転したと思ったらなんか電子ピアノが!!スタッフさんによって運ばれてて!!????まさか本人が以前からインタビューでチラつかせてた弾き語りか~~~~~?と思ったらマジでそうで(正確には語らずピアノを弾いてくれた)ピアノだーーーー( ;∀;)
ステージのスクリーンにたむさんの手元が移されていたのだがその手元が震えてて…下手糞かもしれないけど聞いてください、みたいな振りをしてそして始まったのだが
やめてくれよ~~メンバーイチの綺麗な声の平松賢人さんが歌ってたむさんがピアノ弾いて、なおかつ泣かせソング「candor」だよ感動しないわけないやん(ダジャレじゃないよ)
マジで涙がぽろぽろ出てくる、視界を曇らせないように必死で抑えたけどだめだ そして記憶もあいまいだ
歌詞の一部の「その手はこれから無限大の可能性を秘めているんだから」で、たむさんの綺麗な指が紡ぐメロディってのも相まって涙が止まらなくなる
完全にサイリウムチェンジだった・・・(?????)
楽譜なしだったよねぇ?たぶん、めっちゃ練習してくれたんだなぁ、あぁああもう好きだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
そのあとは縁もたけなわ最後の曲「CFC」でいっつもあんまり言わないけど超絶イケメン田村コールをして、曲中に目が合ったと浮かれ芸人して、
アンコールでもう一曲披露、そとあと社長からのシャンパン(ドンペリ?わりと王冠の形のラベルでそれっぽかったけどその辺の造詣ないからわからん)を一気飲みして挨拶して閉幕・・・。
ステージの時間は1時間半くらいと割と短めだったけどなんかとてもよかった(儲並感)
そのあと、本当にお疲れの中申し訳ない…申し訳ない…と思いつつ特典会のツーショ列に並ぼうとしたら、
出口に、ブログ1000回更新記念(ちょうどそのころ七夕近くだった)の企画で「皆さんの願い事をブログのコメント欄に書いてください僕が皆さんの代わりに短冊に書きますぜ企画」の笹とめっちゃ大量の短冊が。

f:id:teathhgg:20151015173820j:plain

あ・・・・・あ・・・・あああああああああああああああ~~~~~~~
めんまじで絶対なかったことにされていると思っていた、これはヤバイ、クる。わたしがすきなたむらゆきひさだ~~~~あ~~~って、わたしのもこの大量の短冊の中にに潜んでいるのかと思うとあ~~~~~もう・・・好きだ~~~(たしかたむさんが今年幸せでありますようにみたいなことコメントしたような)
そしてツーショ列に並んだ・・・毎度のことながら緊張でぶっ飛んでおめでとうっていうの忘れたのはわりと死にたさある・・・正確には17がおめでとうなんだけどさ・・・たむさんお疲れの中本当にありがとう。。。

ごめんね。。。新幹線で来ましたとかどうでもいい報告するヒマあるならおめでとうって言えよバカ・・・あたしってほんとバカ・・ずっと好きでいますって言ってクールに去った・・・。
そしてバスまで少し時間があったので荷物の整理と休憩のためカフェのアップルサイダー(ルビ:後の胃もたれの原因)で祝杯を挙げた・・・そして思い出し泣き・・・ここまでテンプレ。
と、ライブの感想はこんなもので・・・軽く描こうと思ったのに思いが溢れてしまった。
幸せ空間、そして幸せの最大公約数だった。

 

改めて、本当にたむさんが好きだなぁと思った、1年半くらいのド新規だけどほんとうに好きだ~心から応援したいって思えるし何よりたむさんのファンいなれて本当に幸せだ~
名古屋っていう地できらきら輝いている貴方が本当に好きで~~~!名古屋さいこーーーーーーーーーーーーーー
だからまじで名古屋住みたいよ~頻繁に謁見したい・・・まぢ移住しよ・・・って思ってたけどわりと最近はこの関東から名古屋を応援するというスタンスも悪くないなって思えてきた。
名古屋から全国にをコンセプトにしているグループだから関東にファンがいたっていいじゃない、って笑い飛ばせるくらいにはね。
その要因は2つくらいあって、

つ目は以前、劇団四季のFC会報にたむさんのインタビューが載っていて、それをひょんなことから譲っていただけることになり、その譲ってくださった方が愛知にお住まいの方らしく、ボイメンのファンであることを察してくれて、こんなことをおっしゃってくれた。
「わたし、嬉しいんです。遠方の方が地元の子たちを応援してくれてるってだけで胸が熱くて。」(意訳気味)って。
数年前からボイメンを知っていた方らしく、思い入れもひとしおであってくれたのだろうか。
こう言ってくださったのがなんかもう本当に嬉しくて嬉しくて涙が出た。わたしはずっと忘れられないでいる。
つ目は、たむさんに聞いてしまったこと。
私の中で「関東からも応援していい?」って聞くのは絶対タブーだと思って聞かないようにしてた。クソ迷惑な質問だと思っていたし。
でも先日、日比谷公会堂
”ボイメンMACIC(※1) 秋の陣(※2)~待たせたな東京~”が開催された。

www.ctv.co.jp

※1 ボイメンの冠番組 中京テレビとTOKOMXで放送中
※2 夏の陣が名古屋の内海で開催されたが行けず私は苦汁を飲んだ


そこでもツーショットの特典会があり、その日のライブがあまりに楽しすぎたのでついうっかり口を滑らせてしまい
「これからも関東から応援していい?」と聞いてしまった、そしたら「全然いいよ~(的なニュアンス)」で答えてくれてあぁ・・・(合掌)
嘘でもいいから、本当に嬉しかった。
わたしがずっと気にしてたこと1秒くらいで吹き飛ばされてしまって、なんてくだらないこと悩んでいたんだろう、と。
っていう2つの要因と3分の1の純情な感情が組み合わさって今はそこまで名古屋に住みたいと思っていないのだった。(機会があれば移住するけど もしそんなんあるんなら連絡ください)
私がずーっと悩んでいた、土地っていうのは、家族とか、友達、職場、学校ってのも含まれていて、簡単には手放せない一種のジェンダーのようなものだと思う。
でも、ここで応援していいじゃない、これからもね。

諸事情で暫く会いに行けないけど、

これからも名古屋に飛ぶし、ここでも待ってもいる。
これからも私はたまに会いに行って、名古屋に金落として、やべ〜めっちゃ経済回してるわ〜って勝手に思って。


そういうファンでいることに酔っていいですか。

 

 

 

 

 

 

 

(こんなポエムブログを最後まで読んでくださった方がいるならありがとうそしてありがとうございます

( ;∀;)

 

 

 

2016/3/4 追記------------------------------------

ボイメンのお蔵出しというメ~テレさんが運営なさっている神サイトでこの田村BDの舞台裏の様子が上がっているので是非見てください(迫真)↓

www.nagoyatv.com