読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なごやにヤコバ 

おたくの感想

推し語り

友人の推し語りブログを受けてわたしも書こう!と思いまして?

purintabetai.hatenablog.com

 

 

 

彼女は多分わたしがボーイズアンドメンにハマって(というか知ったレベルかな)右も左もわからなかった時に初めてツイッターで繋がった方で、関東在住であるわたしが現場を通して東海住みの彼女とこんなに仲良くなれるなんて(勝手に思っててごめんね)思わなかったし、冒頭の飽きが早いわたしが~という点において私もめちゃくちゃ飽きが早くて2次元のジャンルも長くて2年くらいで、ほんとに今941日田村侑久さんの事を滅茶苦茶、ほんとどうしようもないくらい好きでいれてるのが奇跡みたいなアレなんですけど、1番最初に知り合ったひとが推しやグループに対して知り合った当時と変わらないレベルの好きを向けているのはとても安心するなぁ?と彼女の文を読んで思いつつ私もなんか書きて~と筆を執った次第です。

 


今年はやっと在宅から抜け出してわりと現場に行けてなんかもうおたくとしてやること全部やっちまったのでは?となんか人生ゲームのマスを全部踏んだようなそんなでどこか無になっていな時期もあるんですけどやっぱりそれでも変わらなく応援したいと思わせてくれる田村さんについて書きます。


何から書こう・・・まずどうやって知ったか。
わたしが彼らの存在を知ったのが2年前くらい。そうまさに仮面ライダー鎧武の時期ですね。この仮面ライダー鎧武にボーイズ&メンのメンバーの一人である小林豊さんが出演して、ここからボイメンの存在を知った人は少なからず・・・否とても多いと思います(俗にいう鎧武新規)わたしは鎧武をみて、主人公を慕う弟分である高杉真宙くんにドハマリしてしまってわりと彼目当てで鎧武も見ようと思っていたのですが、彼のアメブロからその小林豊さんのブログに飛んで、
へぇ~アイドル?なんだ・・・なんやチョコレートプリンス 

youtu.be

 ってなにゃバロンの人めちゃ踊ってるやんけ!となんとなく引き込まれてしまいボイメンのブログを見て1枚の写真に出会ったのでした・・・

ameblo.jp


この一枚目の自撮りの写真!これ!この記事かどうかは覚えてないけどとにかくこの写真見てえっかわいい人いるやん・・・って思ったのが私と田村さん(以下便宜上の為‟田村”表記)の出会いでした。

 

第二章~なぜ好きになったのか~ 


そしてなんやかんやで東京でライブをやるみたうじゃん!いってみよ~~~~~と勇気を出して行ってそこから世界が変わった気がする。
やっぱり直接見ると好きになってしまいますよねぇ・・・ライブも、「あっこの曲知ってる!Youtubeでみたことある!」みたいな…(当時めちゃくちゃボイメン関連の動画が少なくて、東海ウォーカーさんの挙げてくださっていた動画達は砂漠のオアシスだった)
初めて振るペンライトもさいこ~に楽しくて、あとそこで初めてツーショットなるものを撮ったのですがそのときの衣装がシャウッティーナという曲の革ジャンのロックな感じの衣装で、細身な田村がそれを着てるのがなんかもうどうしようもなく格好良くて、あとめちゃくちゃ香水の良い匂い(桃っぽい香り 桃源郷か?)がしてまじで好きになってしっまったよね。
あとその当時「ボイメン騎士」というボイメン初の冠番組が放送されていて、それは中京テレビだから見れてはいないんですけど、Youtubeにダイジェスト版を上げてくれていたので数少ない供給として血眼で見てたんですが、その番組内の企画でカラオケ対決みたいなのがあって、田村が「歌ヘタながらカラオケで必死に練習しておじいちゃんの好きな北酒場で高得点を出す」という回があったのですけどこれがなんか好き…ってなった一角ですね。
わたし二次元のおたくになったきっかけがデュラララ!なんですけどそこでも平和島静雄くんは津軽海峡冬景色を歌っていたので推しが演歌を歌いがち。

この北酒場がなかったらここまで好きにならなかったかもしれないみたいな話を友人にしたらめっちゃ笑われたんですけどでもこの回はよかった。(残念ながらそのダイジェストは今消されてしまっていて今それを見れるのはDVDだけです)田村のすごい所というか好きなところに努力できる、っていうのがあってまぁ当たり前なことかよって思うかもしれないんですけど、なにか物事に対して真剣に頑張る姿は本当にアイドルって感じだし(アイドルって言われるの不本意だろうけど)それが美しいなぁと思った。

田村は去年からピアノの練習をしてて、去年から雑誌とかのインタビューでピアノを練習してます!とかなんか匂わせててホンマかい!なんでや?と思っていたんですけどその年の自分のBDイベントでボイメンの曲を電子ピアノで演奏してくれて。その時にあるフォロワーのツイートで(ピアノを弾いた云々を踏まえて)「努力できるっていうのは才能だしそれができる田村はほんとにアイドルだよ」みたいなツイートをみて、あぁそうか…何か物事に対して頑張る、努力できるっていうのは本当にすごいしそれをやってのけるから田村が本当にキラキラしてて好きなんだなぁと思ったんですけど、それをそのカラオケ回ではじめて感じてしまって好きになっちゃったからもう沼だよね。


第三章~田村はすごいんやで~


とまぁここまでなんか知るきっかけとかをダラダラ書いてしまったんですけど、で、結局何がええのよって感じなのでスキスキポイントを挙げていこうと思います。

 

顔が好き。前述の通りブログの自撮りを見て好きになったし今もまじで格好いいと思う。顔に愛嬌あるし涙袋とたれ目がめちゃくやかわいいし笑った時にできる目のしわもかわいい。あとまつげが長くて横顔が美しい!
最近よく使ってくれるニコ動とかでイケメングループですみたいな感じで紹介されても普通にイケメンすぎて困っちゃう!でも自分で魚顔って自虐するのやめちく!全然そんなことないよ…
でも最近自撮りsnowばっかでメンバーにいじられてるけど、「この俺かわいい」と思って自撮りする田村がめちゃくちゃ可愛いしめちゃくちゃ最高なんでわたしsnowでもなんでもいいですのう

 

髪型

ワックスでめちゃ盛ってるんだけどめちゃすき。たま前髪を逆に分けるんだけどそれほんとめちゃすきラブ。


声(歌声)

自分で歌下手っていうけどわたしは田村ソロパートのたび好きが溢れて発狂してる。
どことなく語り掛けるような感じの歌い方だと勝手に思っている。


すきな田村パート

  • ニッシンゲッポー より「この惑星(ほし)を照らして」いやあんたが照らしてるよ!!!!原始田村は恒星であったって感じ…
  • 未完成パズル より「君の力を貸してほしいんだ」は~~~!!?貸す貸すまじで貸すよ
  • Fanfare より「翼はなくたって」エモしかいえね~~~~~~~

というか14日発売のアルバムに田村ソロ曲あるのほんとまじ…わたし現世でこんな幸せ味わっていいの…しかも田村作詞ってまじ…「シアワセアンテナ」宜しくお願い致します。


ダンス

YAMATO☆Dancingの一番サビで下手からセンターにスッって移動する田村クソ格好いいんだけど~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みんな見た!???????

https://youtu.be/Ihq66ZZ8UPk?t=1m20s

↑スッと前に出る田村から始まるよ


フリ的にはヤンファイソーレの「いっくぜぇぇぇえぇ」(この掛け声もめちゃすき)の後のフリと、fight&fireのサビの動き。
ほんと盲目信者だから何してもカッコイイすき=しか言わないんですけど田村スポ男で池谷さんと張り合える?くらいの運動神経だしセットしてた髪がちょっと乱れて頬に汗が滴って踊ってる時の刹那的美しさすごいからな~~~!?


演技

キスのカタチ「恋の詩」をまず見てはいただけないでしょうか?(突然の低姿勢)

freshlive.tv


ほんとこのキスのカタチって企画、東映とTBSがタッグ組んだ配信型のオムニバス形式のドラマという新しい試みなんですけどこの田村が主役の「恋の詩」
これがも~~~~~~~~~~~最高なのよほんとに…わたし予告編見た時から動機息切れ眩暈がするほど好きでバルト9で上映会あったときなんか涙出てきたもんね。
今も時間あれば見るくらいだしほんとギネスに載せてほしいくらい見てるしほんとにこの作品自体がめちゃくちゃ好きなんです。
この作品では、田村が「サークルの部内オーデションに挑む文学青年」という役でもうエセ文学少女のわたしはこの設定だけで大興奮なわけですわ。
しかも中原中也詠んじゃうとあ~~~~~~~~~~~~~~~~もう…ほんとこれ私へのプレゼントか?というくらいのドラマで…とまぁさておき、
これをみてやっぱり田村の演技が好きだな~と思ったのです、田村がセリフを言う前に息を吸う?のが癖みたいで(通称タムタムブレス)それがなんか退廃的というかちょっと世間を達観ししてる感じのこの役にピッタリで、あと普段より声色を落としてるのもあいまってめちゃくちゃ幸薄そうな文学青年に見えるんですよ…いつもの陽気でハッピーな感じとは打って変わって…。
なんか田村は演じるキャラクターにとても恵まれていてどのキャラクターも魅力的なんですけど、でもどことなく等身大の田村がいるようで役に説得力があるんですよ!!すき!


神対応

※なんか田村の良い所をあげる上で接触がうまいってなんか頑なに言いたくね~~なんか接触だけで見てるというかそういう風に思われたくないってのもあるんだけど
本人にも神対応を売りにしてほしくないというか、なんか最近よくケンティーさんが神対応って握手会再現させられてるけどあぁいうメディアの取り上げ方だとそこしか魅力がないように伝わってしまう気がしてわたしはケンティーさん面白い人だなと思ってもテレビで神対応神対応ってそのことしか言わない為に他の彼の魅力を全然知らないから接触のうまさを魅力として取り上げるのは複雑なんですけど、本人がananのインタビューで「ぜひ僕の神対応を味わいに来てくださいね」って言ったし(これは私の中で解釈違い戦争が起こった)とりあえずここに書きます。接触自慢みたいなの苦手だし、未だにわたしは本人目の前にすると思考回路がショート寸前なのでまともに会話してません^^^イエ~^^^

ほんとに人の顔よく覚えてるな~よく見てくれてるな~と思うし、雑誌のインタビューで「交流イベントとかでファンの子たちと喋るのが好き!少なくとも僕に好きって感情を抱いてきてくれてるわけじゃないですか、だからなにかを返したい!(意訳)」とか、スポ男収録前日のブログ

ameblo.jp

とかでは頑張れのコメントください!のあとに
「あー(>_<)

今日、特典会とかあったら超安心するのになぁ(>_<)

スタッフさん特典会やってください\(^o^)/笑」

とかって書けちゃうあたりぐう聖か?
あとわたしは名古屋のイベントに行ったとき「関東のイベントよく来てくれてるよね?」ってサラッと言われて帰りの夜行バスでめちゃくちゃ感極まって哭いた


人間デキてる

おバカキャラとよく言われてるのは確かに漢字全然読めてないし芸能人なのに芸能人全然知らんからで、大丈夫か!?と思う事あるけれどでも
脱サラという経緯もあいまってか滅茶苦茶リアリストなのではないかと思うし本当にバカじゃない。ちょっとこれは言葉でうまく説明できないので感じてください!
でもとりあえず本人がバカっていうのは自虐の範囲内であれなんですけどおたくがバカっていうの地雷です。


街と田村

今年散々観光客という大義名分を使って振りかざして田村が紹介してたりするお店に「田村君が紹介してて~~^^来てみたくて~」みたいな突撃行為をしてしまったんですけどお店の方が「こないだ会ったよ^^」とか教えてくださったりなんか街に愛されてるってこういうことなのかと思いましたまる(?)
※田村が紹介することによってこういう私みたいなのがそのお店に行くじゃないですか、多分田村はその自分の影響力ってのも分かってて、
でもそれってそのお店にとって利益になるけどあまりに度が過ぎるとお店にとって迷惑じゃないかとかどうなんだろうと色々考えることはあります。

田村が名古屋を愛しているように名古屋も田村を愛しているんやね 、

わたしは名古屋が好きな田村が世界一好きだよ。

 

今年、田村のBDイベで田村の音楽の先生たちのオリジナル曲(書き方がフワッとしてるのはこの事に関して本人もBDイベ以外で口を開いていないので前述の通り)
を田村が歌ってくれたのですがその歌詞に

「存在や幸せを捜し求める 意味はあるから諦めたりしないで 変えてくのは きみなんだから」

というフレーズが、あまりに田村にぴったりで、今まで夢を追いかけるためにサラリーマンやめてボイメン入った貴方が、これからは夢を与える立場に立ちつつあるんだね、って勝手に思ってこれ聞いたときボロボロ泣いてしまったんですけど、
でも一番最初に話した通り2年も見てるとすべてを見つくした感あるじゃないですか、初めて名古屋行って~、初めて大須行って~みたいな、なんか名古屋という聖地を
巡礼し、見つくしてしまったようにひととおり田村を見尽くしてしまったので私は何を見ていけばいいんだろうって少し思ったんですけど、でもやっぱり私はまだ田村を見ていたい、ってどうしようもなく思います。中高の恩師(っていうと照れくさいけど一番お世話になった先生)が教えてくれた曲があって、
salyu×salyuの「続きを」という曲なんですが、


続きを(あなたと)
続きを(もっと見たい)
続きを(最後まで)
続きを(見届けたい)

 

不思議なメロディーにこの歌詞が綴られているんですが、今はただ田村侑久さんの、BOYS AND MENの続きを見たい、という一心です。
その先生は、(誰かの)続きを見たいと思えることは生きる原動力になる、と教えてくれました。

芸能界って色々大変だしわたしはそういうの分からないけれどそういう世界においても夢を見させてくれる彼らに敬意をこめて。

そして今年も楽しい一年をありがとうございました。

年明けの武道館ライブが実りの多いものとなりますように。